ボディーリフト

下腹部前後の外観を改善します

手技

ベルト脂肪除去術もしくは体幹ボディーリフトは緩んで垂れ下がった皮膚と脂肪をウェストの「ベルト」の部分で全周性に取り除くものです。これは広範囲の脂肪除去術であり、脇腹のいわゆる「ラブハンドル」を取り除く手術を含みます。この広範囲に皮膚と脂肪を取り除く手術の有利な点は臀部の上部の皮膚を取り除くことによって臀部のリフト効果があることです。この部分の脂肪はこのベルト脂肪除去術において臀部の脂肪の増大に使用されることがあります。そしてその結果臀部の見た目が若返り、シルエットが美しくなります。通常はうつ伏せから手術が始まり臀部と腰部の手術が終わったら仰向けに体位変換して腹部の脂肪切除が行われ、最終的に「ベルト」脂肪除去が完成します。

手術時間

3時間半から5時間

麻酔

典型的には全身麻酔ですが、腰椎麻酔で行うことも可能です。

患者の安全は私達の最優先事項です。

入院/外来

広範囲の手術ですので通常入院が必要です。

起こりうる合併症

臀部上方の創が開いてしまうこと(トイレで座るときに引っ張られることが多いので)、結果的に大きな傷跡が残ってしまう。切開線の通常はしたがわのしびれ、皮膚のたるみが残存してしまったり、不均一になること。そして通常の外科手技に伴う通常の合併症が

危険性

古典的な脂肪切除術と同じ

回復期間

傷が落ち着くまで腰を曲げることが出来ないので、回復までは時間がかかる

結果

結果は大変満足がいくものです