腹壁形成術

妊娠や著しい体重減少後の腹部の外観を改善します。

手技

腹壁形成術は外科的に余分な皮膚を切除し、臍下の垂れ下がった脂肪(あるいは帝王切開のきずあと)を取り除きます。患者様によってはおなかの筋肉の引き締めが必要になることがあります。皮膚切開は半月型になります(長さは切り取る脂肪と皮膚の量によります)。

手術時間

およそ2から4時間です。

麻酔

通常は全身麻酔で行います。この手術はブロック麻酔や局所麻酔でも行うことが出来ます。

患者の安全は私達の最優先事項です。

入院/外来

患者様の健康状態や医師の判断で入院手術、外来手術共に可能です。

起こりうる副作用

一時的な不快感、腰痛、術後の腫れ、手術部位周辺の痛みと圧痛、腹部皮膚のしびれ、そして皮下出血などの副作用が起こりえます。

危険性

感染、皮弁下または皮膚切開部の出血、肺塞栓(血栓が肺に飛んでしまうこと)、瘢痕(ケロイド)、きずあとが広がること、創傷治癒遅延、または二次的な再手術などが潜在的に起こりうる危険性です。

回復期間

仕事に復帰するまで2週間から4週間かかるものと思われます。より激しい運動は主治医の判断によりますが、およそ4から6週後から可能です。傷跡は術後3カ月から1年後に色が薄く、平らになっていきます。術後最低4週間はガードルの装着が求められます。

結果

体重が増えたり妊娠したりしなければ、結果は何年も持続します。