レーザーフェイシャルリサーフェシング

皮膚の外観と質感の改善をもたらします。

手技

レーザーフェイシャルリサーフェシングは炭酸ガスレーザー、エルビウムレーザーあるいはそのほかのレーザーによって顔のしわを減らす治療でありダメージを受けた皮膚を何層か取り除いて新しくします。この手技は目や口の周りの筋を柔らかくし、均一な皮膚の色調を最小限の瘢痕でもたらしてくれます。

治療時間

治療範囲によりますがおよそ1時間かかります。中には1回から最大6回程度必要な場合があります。

麻酔

全身麻酔または静脈内鎮静剤投与を併用した局所麻酔

患者の安全は私達の最優先事項です。

入院/外来

外来手技です

起こりうる合併症

治療部位の一時的な腫れ、中程度の不快感、皮膚の色調が明るくなったり暗くなったり(色素沈着ないし色素脱出)する、急性の日光過敏、そして/または化粧やスキンケア製品に対する過敏性の増大。皮膚が赤くなったりピンク色になったりすることは最長6か月持続します。

危険性

レーザーの熱によるやけど、瘢痕、色調異常、ウィルス感染症の再燃、そしてまれですが他の感染症

回復期間

約2週間で仕事に復帰できます。より活動的な運動は術後4から6週で再開できます。赤みが完全に弾くには6か月かかることがあります。術後3-6か月は紫外線被曝を避けなくてはなりません。サンブロックを用いてUVAとUVBを防ぐことが強く推奨されます。

結果

結果は長く持続しますがこの治療で老化を止めることはできません。皮膚が年を取るに従い新たなしわが出てくる可能性があります。