顔面脂肪吸引

顔面と頚部から余分な脂肪を取り除きます。

手技

顔面脂肪吸引はそれ単独、もしくはフェイスリフトやそのほかの顔面の治療手技と共に行うことが大変一般的になってきました。望まれない脂肪組織をカニューレで陰圧をかけて吸引することによって、時にはレーザーを補助的に使用することによって顔面の形態を改善します。

時間時間

約30分から1時間

麻酔

患者様によりますが、静脈内鎮静剤、局所麻酔または全身麻酔が使用されます。

患者の安全は私達の最優先事項です。

入院/外来

外来手技です。

起こりうる合併症

腫れ、痛み、一時的にほてったような感じが通常治療部位にあります。外来治療で完全に制御可能です。

危険性

感染、顔面の左右非対称、色素異常(色素沈着または色素脱出)、治療部位の知覚鈍麻

回復期間

完全に回復するまで20日から28日、その間圧迫帯を装着する必要があります。

結果

顎から首にかけて余分な脂肪があり、皮膚弾力性が良く、広頸筋の垂れ下がりがほとんどない方ではとても良い結果が得られます。